システムを狭山市で設置する場合。

太陽光発電システムはここ数年日本国内でも普及が進み、システム本体の単価は大幅に安くなっています。
環境保護の分野で先進地域であるヨーロッパでの普及が進んで太陽光発電システムの生産量が大幅に増えた後、日本国内での普及が進んだというのも私達にとっては大きなメリットとなったでしょう。
ですが太陽光発電システムを設置するときに発生する設置工事費、大工さんに支払う日当や電気工事士に支払う日当などはここ数年変わっていませんから、太陽光発電システム設置に必要な全ての費用に設置工事費の占める割合は大きくなってきています。
それでも、太陽光発電システム自体の費用が安くなりましたから、以前と比べるとかなり安価に設置できるようになりました。
狭山市で太陽光発電システムを設置する場合も、ソーラーパネルの単価が下がっていますから発電能力の大きな太陽光発電システムを設置するほうが、スケールメリットが大きくなるでしょう。
自宅の屋根面積を最大限に活用するのが正しい選択となります。