狭山市の取り組み

近年、原子力発電所の稼働停止に伴う電力不足や、地球環境の悪化などへ対応する自治体が増えています。
埼玉県狭山市においても、地球温暖化の防止や住民が住みやすい環境を作る目的から、太陽光発電の導入を進めています。
そこで、住民があらたに太陽光発電システムを住宅に設置する場合に補助金制度を設けてその設置費用の負担軽減を図っています。
この補助金は、国や埼玉県の出している補助金との併用が可能であり、すべてを利用すると、大幅に設置費用を抑えることができます。
そのため、平成24年度においても200件の予定をしていたところ、かなりの申請があり、現在はキャンセル待ちの状態となっています。
狭山市の天候は、日照時間が長く晴れた日も多いことから、太陽光発電で多くの電力の発電が見込まれます。
そのため、太陽光発電を住宅に取り入れて、電気代の節約にしようとする家庭が多いようです。
また、太陽光発電で発生した電力は電力会社に売却すると収益を上げることも可能なため、投資として太陽光発電を設置する家庭もあります。
狭山市でのさらなる太陽光発電の普及は、環境の良化にもつながり、住民が住みやすい街が実現します。