熊谷市の気候から考える、太陽光発電

テレビ番組やニュースでもよく流れるので、熊谷市が気温の高い町であることを知っている人は多いでしょう。
なにしろ、それをマイナスで考えるのではなく、自治体もプラスに捉え、町おこしとして利用しているくらいですからね。
このように、気候について考える場合それを自分の生活に組み入れることが誰にでも出来るのが、太陽光発電ですよね。
これは、自然のエネルギーなので、気候を考えることは当然です。
暑いと言うと、それだけ日光を浴びる力が強いとイメージするのが普通なので、やっぱり熊谷市で太陽光発電を考える事を、期待してしまいます。
ただ、ソーラーパネルは日の光を浴びることはもちろん大切ですが、気温の差がありすぎることは、あまりよくありません。
さらに、熊谷市が暑いのは、ヒートアイランド現象と、フェーン現象も絡んでいるので日光だけではないです。
そう考えると、単純に暑い町だからとかではなく、日照時間などのデータも、しっかりと取る必要がありますよね。
結論から言えば、それにおいても安心できるでしょう。
なぜなら、雪が降る日も関東の中という基準で考えれば、少ないほうですし、気温も赤城おろしによってかなり下がることもありますが、日中になれば気温も上がり、東北地方などのように極端な気温の差を見せる地域と比べると、十分に適した地域であると言えるでしょう。
さらに、先にふたつの現象も暑さの理由になっていると書きましたが、日照時間も全国トップレベルです。
ソーラーパネルにとって懸念する程ではない気温の差もなく、電気を作り出すための日照時間が申し分ないのですから、積極的に行いたいものです。
先に書いた雪の少なさも、雪を降らせる雲が利根川を越えないとか、東京からやってこないなど明確な理由があるのも、頼もしいです。
ちなみに、なぜ、雪について書くのかといえば、雪が積もるとソーラーパネルで溶かされて、ゴソっと落ちてくるのでスペースが必要になるからです。
熊谷市ならそういった必要性が無いので、気軽に設置できますよね。