快晴日数が多い熊谷市では最適

大宮から高崎線で高崎方面に乗っていくと在る都市が熊谷市です。
さいたま市と高崎市の中間に位置し、
上越、長野新幹線の駅もある人口20万人の都市です。
熊谷市といえば、夏のニュースでよく取り上げられ、
地理的な原因もあってか暑いところというイメージがありますが、
夏が暑いだけでなく、快晴日数が日本一だともいわれています。
夏が沖縄よりも暑くなるのは困りものですが、
快晴日数が多いことは、外出するのに非常に都合が良いことであり、
気分も明るくなるので、そのことが熊谷市の良い魅力だといえましょう。
快晴日数が多いことは、他にも利用すべき点があります。
それは最近注目されてきている太陽光発電です。
文字通り発電するのに使う材料は太陽光であり、
我々が地球にいる限り枯渇する心配がありません。
他の発電方法のように枯渇するであろう化石燃料などを必要としないので、
考えようによっては一生使っていけるものといえるでしょう。
太陽光を発し続けてくれている太陽も遠い将来無くなるわけですが、
私たちがいる間はずっと太陽光を届けてくれるので、
この自然エネルギーを利用していかない手はありません。
とことん太陽光を使いこなしてこそ、地球のためにも良いことといえます。
熊谷市で太陽光発電しようというのなら、
国から補助金が出ますので、補助金を導入費用の足しにしましょう。
標準的な住宅で考えると10万円ほど補助してもらえると思います。
実際に熊谷市で太陽光発電にした人の話では、
以前だとエアコンを使うと電気代が気になっていましたが、
今ではあまり気にならずに使うことができると言っています。
また、モニターで使った電気量を知ることができるため、
今使い過ぎているのかどうか分かり、節電意識が芽生えてきたとも言います。
これまでだと今月どれくらい電気を使ったか知るには、
検針されてから知ることが多かったわけですが、
太陽光発電にしてからはリアルタイムに分かり、
電気を大切にしていこうと思うようになることでしょう。
熊谷市の住宅でどんどん太陽光発電を導入設置していくと、
地球環境のみならず、市民の電気代にもメリットがあると思います。