川越市ですすむ太陽光発電の導入

日本国内で、太陽光発電の導入が進められています。
太陽光は自然の熱エネルギーで無限にある再生可能エネルギーです。
石油や石炭などは有限の天然資源であるため、その消費に歯止めをかけなければなりません。
そのため、太陽光の再生活用が求められています。
太陽光発電は、家庭や企業での普及が進んでいますが、まだその設置には多額の費用がかかります。
そこで、その設置費用を支援するために、国や自治体が補助金を出しています。
川崎市は全国的に比べても日照時間が比較的長いため、太陽光発電に適した気象条件を備えています。
そこで、川崎市でも住民による太陽光発電の導入を進めています。
そのために、住民が新しく設備を設置する際に補助金を出して、その設置費用の負担を軽減しています。
また、市内の学校などの公共施設においても太陽光発電設備の設置が進められています。
学校に施設を設置すれば、生徒の環境への関心も深めることができるため、川越市内のエコ活動に役立ちます。