川越市の積極的な取り組み

埼玉県の川越市は、蔵の街として親しまれるほど、埼玉を代表する観光地として発展を遂げています。
また、交通アクセスも良いので、首都圏のベッドタウンとしても栄えています。
そんな川越市は、qという特性を活かして太陽光発電の普及にかねてから積極的です。
東日本大震災で太陽光発電などの自然エネルギーに注目が集めていますが、川越市は震災以前から素晴らしい取り組みをしてきました。
たとえば、市内の小中学校などの教育施設には、すべて太陽光パネルの設置が完了しています。
これにより、近隣自治体へ川越市の太陽光発電への取り組みをアピールできます。
また、その小中学校に通う生徒たちへの環境学習においても大いに意味があることです。
お祭り会館などの観光施設にも太陽光パネルが設置されているので、観光客へのアピールにもなります。
川越市のような、首都圏で存在感のある都市が太陽光発電の取り組みに積極的なことは、周囲に良い影響を与えるでしょう。