川越市にも必要になる太陽光発電

都会では太陽光発電を設置して、も屋根の日当たりが悪いので十分に発電できないのではと思う方もいるかも知れません。
川越市も都会なのですが、このような地域にも太陽光発電は必要かと思われます。
まずこのような地域は人が多く暮らしているために沢山の二酸化炭素を排出しているのです。
そのために地球環境全体に悪影響を出しています。
しかしそれを抑制するためにソーラーエネルギーの利用という方法があるのです。
これで本来なら沢山の二酸化炭素を出すところを、削減できます。
電力会社が電気を作った時点でもう二酸化炭素を排出していますので、ソーラーエネルギーを使っても使わなくても同じなのではと思うかも知れませんが、電力会社というのは需要を予想してそれに適した分だけ電力を作るのです。
ソーラーエネルギーにより電力の需要量が少なくなると、電力会社が作る電気の量も少なくなりますので、自然と二酸化炭素の排出を少なくすることができます。