春日部市に設置する利点

エネルギーの需要はわが国をはじめとして世界中で増加の一途を辿っております。
しかもそのエネルギーを作り出す仕組みというのは時代時代で変化し続けております。
わが国ではこれまで原子力発電をメインとして原発依存型の生活をして来ましたし、
恐らく将来的にもどんどん原発に依存した発電を計画していたことと思われます。
しかしながら福島の原発事故を契機に、
エネルギー供給の大きな変革を余儀なくされました。
絶対安全の原発安全神話が壊れてしまい、
私たちも疑心暗鬼の眼差しで原発をみております。
原発稼働反対の動きも社会の風潮としてありますし、
事実現在多くの原発が稼働を停止しているような状況です。
このような状況の中で、
今のところは旧来の発電システムである火力発電に大きく依存している状況ですが、
火力発電は大量の原油(灯油)を必要とするために、
コストがかかる上に、
地球温暖化と環境破壊を助長するなど環境に与えるインパクトが高いために、
今後のメインの発電システムとして火力発電を利用するのは、
環境保全が叫ばれている中で大きなマイナスとなるでしょう。
実際に東日本大震災が起きたときには、
春日部市にも大きな被害が出ましたね。
直後の停電もさることながら、
計画停電により大きな不便が強いられました。
春日部市は住宅街が広がっている地域ですので、
各家庭が今後も節電を徹底的に行い、
電力不足が生じないように努力していくことが大事です。
しかしながら節電にも限界がありますよね。
そこでただ先の見えない節電をするだけではなく、
各家庭で積極的に発電をして電力を作り、
その電力を消費していく仕組みを作ることが大事なのではないでしょうか。
アウトプットを減らすだけではなく、
インプットがあれば無理なく節電をし、
電力を消費していくことが可能となります。
快適な暮らしをしつつ電力会社への負担を減らすのです。
幸いにも春日部市のある埼玉県は、
全国的に見ても日照時間が長く、
日照時間が長いので、
太陽光発電を設置すればたくさんの発電量が期待できるので、
快適な暮らしに近づけますね。